ザ・リッツ・カールトン日光

日光市, 栃木県

Overview

    いろは坂の先に、日本独自の自然観を宿すリゾートが誕生。東京から2時間半、栃木県日光市の風光明媚な中禅寺湖畔に位置するザ・リッツ・カールトン日光は、豊かな自然といにしえから息づく文化を讃える上質な寛ぎの空間をご提供いたします。日光をはじめとする栃木の恵みをふんだんに使用したダイニングや、地域に親しまれてきた湯元温泉の源泉を使用したスパ施設、そして中禅寺湖や男体山を一望する客室での心休まるひと時をお楽しみください。栃木の伝統工芸を活かしたデザインや、日本家屋の縁側に見立てたラウンジエリアをしつらえた客室など、日本の繊細なミニマリズムをいたるところに体現しています。ザ・リッツ・カールトンブランドでは初となる温泉施設を有し、露天風呂では心地よい風と木々の香りが心と体を柔らかく解きほぐします。

Exclusive Amenities

Accommodations

Guest Services

Facilities

COVID-19

    マリオット・グローバル・クリーンリネス・カウンシル

    当社は先日、食品および水の安全性、衛生、感染防止と、ホテル運営に関する社内・社外のエキスパートで構成される評議会、マリオット・グローバル・クリーンリネス・カウンシルの設立を発表しました。このカウンシルのメンバーは、世界各地の7,300軒を超えるマリオットのプロパティで採用するための、グローバル規模でホスピタリティ業界における清潔度の新たな基準、規範、それに基づく行動を定めるための活動を協力して行います。この新たな基準は、当社のお客様と各ホテル/リゾートで働く世界75万人のスタッフのリスクを最小化し、安全性を高めるよう設定されます。

    新しい清掃技術の導入

    カウンシルが作業を進める間、マリオットでは傘下のプロパティで、直接触れることなく消毒作業を行うことができる静電噴霧器など、より優れたテクノロジーを今後数か月の間に導入する計画に着手しました。静電噴霧器から噴出される磁気を帯びた液滴は、通常の清掃作業では手の届きにくい場所や見落とされがちな場所にも及んで、その表面を覆います。

    また、当社では、米国疾病予防管理センター(CDC)と世界保健機関(WHO)が既知の病原体に対処するために最も効果的だとして推薦する消毒剤を、毎日の清掃で使用して行く予定です。

    清掃工程の変更

    今後数カ月の間、マリオット傘下ホテルの衛生基準をより高めるべく、さらに強化した清掃計画を実施いたします。中でも、特に次の点を重点的に行っています。

    表面エリア:公共スペースでは、既存の厳格な清掃手順に加え、医療施設水準の殺菌作業を入念かつ頻繁に行うことが必要とされます。客室では、既存の入念な清掃手順に加えて、すべての表面部分を医療施設水準の消毒剤で徹底的に清掃することが求められます。さらに、各客室にはお客様に自由にご利用いただけるよう、消毒用シートを備え付けます。
    お客様との接触: ヒトからヒトへの新型コロナウィルスの感染リスクを下げるため、当社ではお客様に一定の距離を保っていただくようお願いするサインをロビーに設置するほか、より空間に余裕を持った配置になるように什器を撤去したり、配置換えしたりする作業を行います。また、お客様および従業員により高レベルの予防策を提供できるようフロントデスクの仕切りの設置を検討しているほか、従業員が利用できるマスクと手袋を製造できるよう、サプライチェーンパートナーの皆様と連携しています。さらに、ホテルの入口やフロントデスク、エレベーター脇、フィットネスセンター、会議スペースなど、マリオットのホテル全域にわたって、手指消毒剤を設置します。
    3,200軒を超える当社ホテルにて、ご希望に応じてお客様自身のスマートフォンを使ってチェックインや、客室ドアの開錠、その他特別なリクエストを行うことができるほか、ルームサービスは特別にパッケージングされ、従業員がお客様と接触することなく客室ドアの目の前まで届けられます。こうした「タッチレス」サービスは、マリオットのモバイルアプリを通じて迅速にご利用いただけます。
    食品の安全管理: 当社では、食品を取り扱う従業員とそのスーパーバイザーには、食品の調理とサービスを安全に行うためのトレーニングを実施しています。料飲部門では、当社の食品安全基準に基づいた自己点検を行うことが求められ、独立監査機関によって基準が順守されているかどうか検証されています。また、衛生ガイドラインを強化し、衛生面や消毒作業を担当する従業員へのビデオトレーニングも実施しています。さらに、インルームダイニングのオペレーションの方法を変更しており、ブッフェに関しては新たなアプローチを検討しています。

この施設へのご宿泊をご希望の方は下記まで、ご連絡ください。

CPNトラベル日本支社 
0465-25-4273

080-6483-9684

Email: joho@cpntravel.com

皆様のホリデイプランをサポートさせていただくのを楽しみにしております。