ホテル雅叙園東京

目黒区, 東京都

Overview

    贅をつくしどんな人にも分け隔てなく楽しめる料亭を。
    文雅叙情からその名を取り誕生し、やがて「昭和の竜宮城」と謳われ多くの人々に親しまれてきました。
    そして今も数々の彩りと記憶を刻んでいます。ホテル雅叙園東京の前身の目黒雅叙園のルーツは、創業者・細川力蔵が、東京 芝浦にあった自宅を改築した純日本式料亭「芝浦雅叙園」。 創業当時は、日本料理に加えて北京料理メインとし、お客様に本物の味を提供することにとことんこだわった高級料亭でした。 より多くの人々に本格的な料理を気軽に食べていただくため、1931年(昭和6年)庶民や家族連れのお客様が気軽に入れる料亭として目黒の地に誕生しました。料理の味はもちろん、お客様に目でも楽しんでいただきたいと考え、芸術家たちに描かせた壁画や天井画、彫刻などで館内の装飾を施しました。豪華絢爛な東洋一の美術の殿堂はこうして誕生し、2017年(平成29年)4月1日目黒雅叙園からホテル雅叙園東京へと施設名称を変更することとなりました 。

Exclusive Amenities

Accommodations

Guest Services

Facilities

COVID-19

    営業再開に伴う、新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取り組みについて
    新型コロナウイルス感染症に罹患された方、およびご家族や関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。ならびに、感染防止に日々ご尽力されている全ての皆様に、深く感謝申し上げます。
    ホテル雅叙園東京では、お客さまに安心してホテルをご利用いただけるよう、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、以下の予防対策を行っております。

    【ゲストスペースでの取り組み】
    館内では、飛沫が防げるよう、ソーシャルディスタンスを考慮したご案内をしております。
    館内各所にて、定期的な換気を実施しております。
    通常清掃に加え、エレベータボタンや出入り口のドアノブ等、定期的にアルコール消毒を実施しております。また、ホテルよりお貸出しする備品は、その都度、アルコール消毒を行います。
    対面接客を行う際、飛沫防止としてアクリルボードを設置いたします。
    レストランでは、当面の間、ブッフェスタイルの提供は休止させていただきます。
    ホテルバス乗降口にアルコール消毒を設置し、乗車時にはドライバーよりアルコール消毒のご協力をお願いしております。また、ホテルバス内では、お客様降車後に全シート・手すり部分など、お客様の手が触れる箇所は、重点的にアルコール消毒を徹底しております。

    【ホテルスタッフに対する取り組み】
    全ホテルスタッフは常にマスクを携帯し、人との距離や気温など状況に応じて、着用を義務付けております。
    出社前に、全ホテルスタッフへの検温を実施しております。 (発熱があった場合は、医療機関へ連絡を取り指示をもらい、自宅待機とさせていただいております。)
    全ホテルスタッフ、及び関係協力企業様への定期的な手洗い・うがい、アルコール消毒を徹底しております。

    【お客様へのお願い】
    館内各所にアルコール消毒液を設置し、手指の消毒にご協力をお願いしております。
    ご来館の際は、可能な限りマスクの着用をお願いいたします。
    発熱等の症状のあるお客様は、ご来館をご遠慮いただきますよう、お願いいたします。
    状況により、お客様のご連絡先をお預かりさせていただく場合がございます。

この施設へのご宿泊をご希望の方は下記まで、ご連絡ください。

CPNトラベル日本支社 
0465-25-4273

080-6483-9684

Email: joho@cpntravel.com

皆様のホリデイプランをサポートさせていただくのを楽しみにしております。